ホーム一般の方動画 > NCNP・メルボルン大学合同シンポジウム

-脳・こころ・社会を結ぶ研究の発展に向けて-

 



概要に戻る


開会あいさつ

(独)国立精神・神経医療研究センター
企画戦略室長(~2013年7月)
野田 広

シンポジウム①「メンタルヘルスの地域社会における役割」

国際的なメンタルヘルスの開発

メルボルン大学精神医学部門
アジア・オーストラリア・メンタルヘルス
Chee Ng先生

 
社会におけるメンタルヘルスの役割:心理社会的治療

メルボルン大学精神医学部門
心理社会研究センター
Carol Harvey先生

 
心的外傷後メンタルヘルス:オーストラリアの場合

メルボルン大学精神医学部門
心的外傷後メンタルヘルスセンター
Darryl Wade先生

 
東日本大震災、津波、原発事故への精神医療対応

(独)国立精神・神経医療研究センター
災害時こころの情報支援センター長
金 吉晴

 
日本の自殺予防
-自殺総合対策推進センターにおけるチャレンジを含めて-

(独)国立精神・神経医療研究センター
自殺総合対策推進センター長
竹島 正

 

シンポジウム②「脳とこころの研究の進歩」

神経科学と精神医学

メルボルン大学精神医学部門
主任教授
Ian Everall先生

 
NCNPとメルボルン大学の共同研究

メルボルン大学精神医学部門
精神医学・神経病理学研究室
Elizabeth Scarr先生

 
精神疾患と栄養

(独)国立精神・神経医療研究センター
神経研究所 疾病研究第三部長
功刀 浩

 
発達障害領域における「脳とこころの研究の進歩」

(独)国立精神・神経医療研究センター
精神保健研究所 知的障害研究部長
稲垣 真澄

 

シンポジウムに参加しての意見・感想

全国精神保健福祉会連合会
理事長
川﨑 洋子様

日本てんかん協会
常務理事
古屋 光人様

 

閉会のあいさつ

メルボルン大学精神医学部門
主任教授
Ian Everall先生

[ TOPへ戻る ]

YouTube動画配信中


当センター敷地内は禁煙です