ホームNCNP概要情報公開精神・神経疾患研究開発費 > 研究報告

平成20年度 精神・神経研究委託費研究報告(3年度班・2年度班)

課題番号 研究課題 主任研究者
18指-1 精神科在院患者の地域移行、定着、再入院防止のための技術開発と普及に関する研究
国立精神・神経センター
病院 部長 安西 信雄
18指-2 ジストニアの疫学、病態、治療に関する研究
国立病院機構相模原病院神経内科
医長 長谷川 一子
18指-3 発達障害の病態解明に基づいた治療法の開発に関する研究
国立精神・神経センター神経研究所
部長 湯浅 茂樹
18指-4 発達期に発生する外因性脳障害の診断・治療予防のための実証的研究とガイドライン作成
埼玉医科大学総合医療センター
教授 田村 正徳
18指-5 精神遅滞リサーチ・リソースの拡充と病因・病態解明をめざした遺伝学的研究
国立精神・神経センター神経研究所
部長 後藤 雄一
18指-6 早期精神病の予防、早期治療および病態解明に関する臨床的研究
東北大学大学院医学系研究科
教授 松岡 洋夫
18指-7 統合失調症治療のガイドラインの作成とその検証に関する研究
山口大学大学院医学系研究科
教授 渡邉 義文
18指-8 中枢神経系の温存的神経再生療法の確立に関する開発的研究
大阪市立大学大学院医学研究科
教授 木山 博資
18指-9 神経疾患の診断・治療・予防に関する包括的臨床研究
国立精神・神経センター
病院 副院長 久野 貞子
19指-1 統合失調症の治療の標準化と普及に関する研究
国立国際医療センター国府台病院
副院長 塚田 和美
19指-2 薬物依存症および中毒性精神病に対する治療法の開発・普及と診療の普及に関する研究
国立精神・神経センター精神保健研究所
部長 和田 清
19指-3 アルコール依存症の病態と治療法の開発に関する研究
札幌医科大学医学部神経精神医学講座
教授 齋藤 利和
19指-4 リサーチリソース ネットワークを用いた神経・精神疾患の研究資源(剖検脳等)の確保と病態解明を目指した研究
国立精神・神経センター
病院 部長 有馬 邦正
19指-5 難治性ニューロパチーの病態に基づく新規治療法の開発
鹿児島大学大学院医歯学総合研究科神経病学講座
准教授 有村 公良
19指-6 てんかんに対する新たな治療法開発と標準化に関する研究
国立病院機構静岡てんかん・神経医療センター
副院長 井上 有史
19指-7 筋ジストロフィーに対する治療研究を臨床に展開するための統括的研究
国立精神・神経センター神経研究所
部長 武田 伸一
19指-8 神経学的基盤に基づく特異的発達障害の診断・治療ガイドライン策定に関する研究
国立精神・神経センター精神保健研究所
部長 稲垣 真澄

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]

当センター敷地内は禁煙です