ホームNCNP概要役員名簿 > 理事(非常勤)

理事(非常勤)

理事(非常勤):池淵恵美

池淵恵美

理事(非常勤)就任にあたって:

 本年4月1日に国立精神・神経医療研究センター理事を拝命いたしました。

私は社会参加を支援する精神障害リハビリテーションが専門で、もっぱら臨床畑で働いてまいりました。主に統合失調症の人たちが対象で、仕事をしたり、結婚・子育てをしたり、社会の中で市民として当たり前に生活できるように支援していくことをライフワークとしております。したがって大きな医療・研究組織の運営についての経験は少なく、理事のお話をいただきどこまでお役にたてるか心もとなく感じました。しかし診療を長くしてきた経験と自負心はありますので、そうした現場の目線を生かして、センターの運営がよりuser friendlyであり、多くの障害を持つ人の生活に役立ち、それを通して国民の皆さんに理解され愛されるような組織であることを願って、理事として働いてまいりたいと存じます。

21世紀は脳の世紀といわれますが、脳とこころの働きについてまだわからないことは多く、精神・神経疾患でまだ根本的な原因や治療法が解明されていないところも多く、よい治療法が見つかること、そうした研究が行われていることは、多くの人たちの希望の灯であります。その点でも国立精神・神経医療研究センターが大きな役割を果たしていけるように、微力ながらかかわってまいりたいと存じます。どうかご鞭撻のほどよろしくお願いいたします。

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]

当センター敷地内は禁煙です