治験は、その「くすりの候補」の効果や副作用、また、体の中にどれくらい取り込まれたか等を調べるために行います。そのため、普通に行われている治療と違って研究的側面を伴います。また、治験参加中はいろいろな検査をお願いすることがあります。研究的な側面があるために患者さんの権利や意思を尊重し、安全を守るために「国際的に決められた厳しいルール」があります。また、日本では治験を実施する病院や医師、製薬会社の条件や守るべきことが法律となっています。

 例えば

  • 治験を行う病院は十分な検査などができる設備があり、専門の医師や看護師等のスタッフが十分にそろっていること
  • 治験の内容などについて倫理的、科学的な観点から検討する委員会が設けられていること。この委員会をパスし、病院長が了承した治験だけがその病院で実施されます
  • 患者さんに治験の内容について十分説明し、文書での同意を得なければならないこと
  • 治験を継続していくにあたって影響をあたえるようなことがあったときはすぐに患者さんにお伝えすること

などです。

閉じる

© NCNP