MRI検査は、強力な磁石を利用した検査なので、身体の中に金属や機械が埋め込まれた方は受けられない可能性があります。また、部屋が狭く、検査時間が長いため、極端に狭い場所が苦手な方(閉所恐怖症)や同じ姿勢を保つのが難しい方は検査が難しい場合があります。 造影剤検査は、造影剤に対するアレルギーはもちろん、強いアレルギー体質の方は使用を控えた方がよい場合があります。また造影剤は腎臓に負担がかかるため、腎疾患を持った方も使用を見合わせる場合があります。
 PET検査は、糖分を利用した検査なので、糖尿病など糖代謝に異常がある方は、正確な検査ができない場合があります。
 その他、詳しいことは、検査を依頼する主治医にお問い合わせください。

閉じる

© NCNP