中心は薬物療法になります。特に幻覚妄想や興奮状態などには高い改善が期待でき、統合失調症の治療において薬物療法は切り離すことができません。また極めて切迫した症状のときには電気通電療法も行われます。また急性期を脱してからは患者さんの病気に対する考え方や社会生活における困難さにアプローチするために支持的精神療法や認知行動療法も有効でしょう。さらに社会復帰のためにリハビリが必要な患者さんには生活技能訓練(social skill training:SST)や作業療法も行われます。治療形態には外来通院と入院があります。原則的には外来通院が基本となりますが、状態が切迫しているときや家庭では安定した治療環境が得られないとき、特殊な検査や治療法の導入の際には入院治療が好ましいこともあります。

閉じる

© NCNP