心療内科は,「主に心身症(身体の病気の中で、発症やその後の経過に心理社会的な要因が密接に関係しているもの。神経症やうつ病などは含まれない)を扱う内科の一領域」と定義され,基本的にはからだの病気を扱う科なので,こころの問題は精神科が扱うのが原則です。時に、精神科と扱う病気が重なる場合もありますが、その時はどちらの科での治療が適切か、連携をとりながら治療を進めます。

閉じる

© NCNP