うつ病や統合失調症などの精神科の病気にかかると、症状が治まってきても「疲れやすい」「集中力がない」などのため仕事や日常生活が以前のようには出来なくなることがあります。これらの活動制限(障害)の回復を支援し、社会参加と生活の質の向上を手助けする方法が精神科リハビリテーションです。

閉じる

© NCNP