全身麻酔をかける治療となりますので、治療を安全に行うために、体の状態を診察したり検査を行います。検査は、血液検査、心電図、レントゲン、頭部画像検査などです。必要に応じて追加検査を行い、安全に行えるようにしています。

閉じる

© NCNP