外来では通常の採血、レントゲンなどの他に、自宅で睡眠時無呼吸の程度を大まかに判定する簡易ポリソムノグラムや動脈血酸素飽和度測定、活動量を測定するアクチグラムなどの検査があります。
 眠ると息が止まる睡眠時無呼吸症候群や、手足が動く睡眠関連運動障害、大声を出したり歩き回るレム睡眠行動障害などの診断に、一泊入院していただいて睡眠中のいろいろな指標を記録する終夜睡眠ポリグラフ検査を行います。
 ナルコレプシーなどの過眠症が疑われる場合には、終夜睡眠ポリグラフに引き続いて昼間の眠気の検査を行います。

閉じる

© NCNP