てんかんの原因はさまざまです。遺伝的な原因で起こる場合もありますが、そのような場合は多くは成人すると治ってしまうことが多いようです。脳の奇形、脳の炎症や外傷の後遺症としててんかんが起こることもあります。また、高齢者では脳梗塞や脳出血、脳腫瘍などもてんかんの原因となります。
 内分泌(ホルモン)の異常や心臓・循環器の病気などでも類似の症状がでることがありますが、その場合はてんかんとは診断しません。

閉じる

© NCNP