神経内科とは、脳、脊髄、末梢神経、筋肉のどこかに起こる病気のすべてを対象とする診療科です。例えば、パーキンソン病などの大脳基底核疾患、脊髄小脳変性症などの小脳性疾患、アルツハイマー病などの認知性疾患、脳梗塞などの脳血管障害、脊髄空洞症などの脊髄性疾患、多発性硬化症などの免疫性脱髄性疾患、ヘルペス脳炎などの炎症性疾患、ギラン・バレー症候群などの末梢神経疾患、重症筋無力症のような神経・筋接合部障害、筋ジストロフィーなどの筋肉疾患、などが主な対象となる病気です。

閉じる

© NCNP