神経内科が脳、脊髄、末梢神経、筋肉のどこかに起こる病気のすべてを対象とする科であるのに対して、精神科はこころの問題を扱う科です。心療内科は,主に心身症といわれる心理的な要因が強く関与しておこる身体の病気を扱う内科の一領域とされます。神経内科、精神科、心療内科のそれぞれに重なる病気もあります。当院はすべての科がそろっておりますので患者様の状況に応じて連携をとって治療することが可能です。

閉じる

© NCNP