いわゆる神経難病の一部には特定疾患制度があり、他にも永続する障害がおこってしまった方を対象とする身体障害者制度、介護保険など様々な制度が利用可能です。
 特定疾患は、居住されている地域により申請できる疾患が異なることがあります。
 介護保険は65歳以上の人しか利用できませんがかかっている疾患によっては40歳から64歳でも利用できる場合があります。
 身体障害制度は障害の程度が問題で原因となる疾患には一般に制限がありません。この制度の診断書を書くためには医師側に資格が必要になります。
 居住地の介護福祉課にどのようなものが利用可能か問い合わせるのがよいと思います。その際には患者様がかかっている病気・症状の正確な評価と診断も必要です。主治医によく御相談ください。

閉じる

© NCNP