脊髄小脳変性症の主症状である運動失調は,小脳機能の障害が原因です.具体的には,バランスが悪くなったり,歩いているときにふらついたり,細かい動作ができなくなったり,喋るときにろれつが回らなくなったりするなどの症状が現れます。また,自律神経障害として,立ちくらみ(起立性低血圧)や排尿障害,発汗障害,パーキンソン症状として,動作緩慢などの症状が現れることがあります.他に,不随意運動,筋萎縮,呼吸障害,嚥下障害などの症状が出現しますが,すべての症状が経過中に現れるわけではなく,病型によって症状が異なります。

閉じる

© NCNP