残念ながら脊髄小脳変性症を根治させるような治療法はありません。患者さまがお困りになっている症状を改善させるための対症療法が治療の中心になります。
 治療内容は,薬物治療や点滴治療,リハビリテーションのほか,呼吸障害に対して人工呼吸器の導入,嚥下障害に対して胃瘻造設など,さまざまです。対処療法では症状に合わせて治療を選択する必要があり,脊髄小脳変性症の診療を数多く行っている専門の医療機関で,長期にわたる継続治療が望まれます。

閉じる

© NCNP