特効薬こそありませんが、ジストニアを多少とも軽くする方法はあります。
 例えば、ベンアゾジアゼピン系の薬物は多く患者である程度は有効です。発病後間もない時点でベンアゾジアゼピン系の薬物を大量 に投与し、非常に良い効果を得ることもあります。異常な回路が固定されないうちに早期診断して早期治療することによって薬物治療が可能なのではないかと考えています。
 他にも内服治療を試すことは悪くありませんが、概して薬物のみでは満足のゆく結果を得られないことが多いようです。この場合、ボツリヌス治療が第一選択になります。ボツリヌス治療は食中毒を起こすボツリヌス菌の出す神経毒素を製剤化したものを緊張した筋肉に注射して症状を和らげようとするものです。実際に菌を注射するわけではありませんからご安心を。ただ、使用には非常な注意を熟練を必要とし、また現在、顔面頸部への投与に限って保険適応が認められているという制限がありますが、この制限内で治療可能な症状は非常に良好な結果が得られています。また、ボツリヌス治療の適応でなかったとしても脳外科治療等の方法もご紹介できます。是非一度ご相談ください。

閉じる

© NCNP