残念ながら現状では根本的な治療法はなく、対症療法しかありません。精神症状、舞踏運動のそれぞれに対して薬物療法はありますが効果には限界があります。
 神経研究所の疾患研究第4部とともに研究を進めています。動物レベルでは少しずつ成果が出ていますので、いずれは臨床応用に向けて研究を進めたいと考えています。

閉じる

© NCNP