お子様は、出産時の右腕神経叢障害のようですね。右手の動き方がよく分かりませんが、物をもったり押さえたりは可能でしょうか。左手が普通に動いていて、右手がこのような基本的動作ができていれば、今後もあまり大きな心配はいらないと思います。
 もし「親として右手を主に使わせてあげたい」という気持ちがおありならば、それを捨てて下さい。基本的な考え方としては、本人が使いたい手を本人が好きなように使わせるということでよろしいと思います。
 「社会は右利き用にできていて、左利きの人には不便だから、矯正してでも右利きにすべきである」という人が未だにいます。私はこの考え方は間違いであると考えています。基本的に利き腕は脳に予めセッティングしてあります。ですから、矯正は混乱を招くだけです。
 矯正されるのは、右手が普通に動く左利きの人にとってさえ非常につらいことです。精神的・肉体的につらい上に脳の中に混乱が生じますから、発達面になんらかのよくない影響をあたえるかもしれません。ましてや、右手の動きに問題がある人であれば、そのつらさは一層のことだと思います。

閉じる

© NCNP