お子さまが点頭てんかんと診断されたということで、たいへんご心配のことと思います。
 点頭てんかんの治療法は、ほぼ確立されています。でも、病院や医師によって使う薬の種類や量や期間や順番が多少異なることはよくあります。ビタミンB6製剤(ピロミジン、ピリドキサールなど)で始めて、次にバルプロ酸(デパケンなど)やゾニサミド(エクセグラン)やベンゾジアゼピン系の抗てんかん薬を使い、それでも止まらなければACTH(副腎皮質ホルモンを放出させるホルモン)の注射をします(これで半分以上の方が一旦は止まります。ただし再発する方も少なくはありません)。
 ですから、今の治療法は標準的だと考えます。

閉じる

© NCNP