茶あざ(おそらくカフェ・オーレ斑でしょう)が多数あるとのことですので、レックリングハウゼン病(神経線維腫症I型といいます)の可能性があります。
 このような「あざ」を持つ方はそう稀ではありません。あざは特別な病気がない方にも見られます。神経線維腫症は、およそ3,000人に一人くらいいると考えられています。半数以上の方は、皮膚だけの問題で知能発達などにも影響を来たしません。普通生活を送っておられる方が多いです。ただ症状には個人差があり、合併症も多数知られておりますので、近所の小児科医などで相談できるといいと思います。
 基本的には遺伝するものですが、家族に同じ症状を持つ人がいない場合もよくあります。
 ときに中枢神経内に神経線維腫などができることがありますので、心配な方には脳MRI検査をお勧めしています。特に頭痛、けいれん、視力・視野の問題、聴覚の問題などがある方は必ず精密検査が必要です。何の症状もなければあまり心配することはありません。

閉じる

© NCNP