ホーム専門疾病センター > 地域精神科モデル医療センター

地域精神科モデル医療センター

はじめに

 統合失調症、双極性障害、重症うつ病などに罹り、重い障害を抱えていても、人はさまざまな支援や治療をうけるなかで、地域生活を維持する力を獲得し、自分の希望を大切にしながら、その人の長所や能力を伸ばしていく人生を手に入れることが出来ます。

 このたび国立精神・神経医療研究センターの中に設置された地域精神科モデル医療研究センターでは,そのような人々の応援に役に立つ「地域生活中心の精神科医療」を展開し、小平市を中心とした圏域で「地域生活中心の精神保健医療福祉モデル」の実践に努め、その成果を全国に発信します。

地域精神科モデル医療センターの組織

 地域精神科モデル医療センターは国立精神・神経医療研究センター病院の第一精神診療部,リハビリテーション部,医療福祉相談室,在宅支援室の各部門と精神保健研究所社会復帰研究部が連携して活動を実施します。各部門の役割は上記の通りです。

活動紹介

 地域精神科モデル医療センターの主な活動はセンター病院のリハビリテーション部(以下リハ部)で実施されています。具体的には下記のような活動をおこなっています。

  • 1)デイケア・ショートケア
    精神科に通院中の方々が,仲間と共に病気について学んだり,運動や創作活動などのさまざまなプログラムを通じて「こころ」と「からだ」のリハビリテーションを行う場です。
  • 2)訪問支援活動(アウトリーチ活動)
    デイケアや地域活動支援センターなど通所型のサービスを利用することが難しい方を対象に,その方の自宅など地域での生活の場や活動の場にセンター病院のスタッフで構成される多職種チームが出かけて,病気や薬に関すること,生活に関することなどの支援を行います。

デイケア・ショートケアについて

どんな人が通っていますか?

  • 病院から退院した後,生活リズムが整わなかったり、やる気・集中力・忍耐力などに不安を感じたりしている方
  • 病気や薬,利用できる社会制度についてもっと詳しく知りたい方
  • 就労を希望されている方

どんな支援が受けられますか?

  • デイケア・ショートケアに通所される方ひとりひとりに,ケースマネージャー*がつき、ケースマネージャーが中心となって専門家がチームをつくります。このチームが地域生活や社会復帰のための支援を行います。このチームをMDT(Multidisciplinary team)と呼びます。MDTには,医師の他に看護師,精神保健福祉士,作業療法士,臨床心理士,ピアスタッフなどさまざまな職種のスタッフなども参加します。
  • *ケースマネージャーとは?
    チームの窓口となる専門家を「ケースマネージャー」と呼びます。病気のことも,生活に関することも,心配なことはすべて「ケースマネージャー」に相談すれば大丈夫です。みなさんから相談をうけた「ケースマネージャー」がチームのスタッフと相談して必要な支援をアレンジします。
  • 希望があれば,仕事さがしも一緒に行います。必要な場合には,スタッフも一緒にハローワークや企業にも一緒にいって,仕事探しや仕事を覚えることのお手伝いも行います。

どんな支援が受けられますか?

 現在,2011年4月に向けてデイケアプログラムの改訂作業を行っています。決定次第お知らせいたします。

デイケアスケジュール

工事中

訪問支援活動(アウトリーチ活動)について

どんな人が利用していますか?

  • 小平市周辺にお住まいの方(概ねセンター病院から車で30分程度の範囲内)
  • 統合失調症,大うつ病,双極性障害等の精神障害をお持ちで通所型サービス(デイケア,地域活動支援センターなど)を利用することが難しい方

どんな支援が受けられますか?

 病気や薬など医療に関することから,一人暮らしでの困りごとなどの生活に関すること,働きたいといった利用者の方の将来の希望に関すること,などさまざまな事柄について支援を行います。支援の過程で必要があれば,センター病院以外の機関とも連携して,利用者の方をサポートします。

訪問支援活動(アウトリーチ活動)はどんな風に行うの?

 週1回~月1回程度の間隔で,センター病院の看護師,精神保健福祉士,作業療法士等が利用者の方のご自宅など生活の場や活動の場に伺い,相談や支援を行います。ご家族の相談をお受けすることも可能です。

リハビリテーション部(デイケア・訪問支援活動)の利用にあたって

  • 本活動は研究活動の一環として実施されるため,参加にはいくつかの約束事があります。
  • 参加にあたっては同意文書への署名をお願いいたします。(参加にあたって危険や不利益はないと思いますが、何か心配があればスタッフにおたずねください)
  • 本活動にかかる費用は診療報酬と研究費によってまかなわれます。皆さんが現在支払っている診療報酬以外に費用の負担はいっさいありません。

リハビリテーション部(デイケア・訪問支援活動)を利用したい方は・・・

利用手続き当院通院中の方

  • 主治医にデイケア利用について相談して下さい。
  • 主治医からデイケア担当医師に依頼を出します。
  • デイケア担当医師の診察とデイケアスタッフとの面接を行い利用開始となります。

他院通院中の方

  • 主治医にデイケア利用について相談して下さい。
  • 主治医もしくはソーシャルワーカーを通して当院医療連携室へデイケア利用希望と相談してください。
  • デイケア利用時は当院の医師が主治医となります。

[ ▲ページの先頭へ ]

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]