ホーム専門疾病センター 統合失調症早期診断・治療センター> EDICS について

EDICS 統合失調症早期診断・治療センター (エディックス)

統合失調症早期診断・治療センター(EDICS)について

  • EDICSでは、 「発症早期の治療」に焦点を当て、発症して間もない方(約2年以内)を主な対象としています。
  • 初診において十分な面接の後、診断や治療方針を決めるために、必要に応じて、脳画像検査、血液生化学検査、心電図、心理検査などを行います。(これらの検査をすべて受けなければいけないわけではありません。実際にどの検査を施行するかは、必要性とご希望とを勘案し、担当医が患者様と話し合って決定します。)
  • 初診後の通院治療については、できるだけ多くの患者さんを受け入れるため、原則的には、約3か月間発症早期の治療を行い、その後は患者様のお住まいの近隣の医療機関にご紹介します。また、紹介元の医療機関がある場合には、その医療機関での治療継続をお願いする場合や、他院への通院をお願いする場合があります。入院治療が必要な場合には、当院への入院をお勧めすることがあります。
  • EDICSでは、「患者登録(レジストリ)」を運営しています。データベースに近いもので、「患者登録」にご同意頂いた患者様から得られたデータを蓄積し、よりよい統合失調症の治療法の開発に役立たせて頂きます。患者様の個人情報については、匿名化(誰のデータが分からなくすること)した状態で、当センター内で厳重に保存、管理致します。受診の際、当センター担当者から「患者登録」についてご説明致します。また、詳細については下記ページご覧下さい。
患者登録(レジストリ)について

「患者登録」をして頂きますと・・・
 年1回ご案内を送らせて頂き、フォローアップ診察を受けることが可能となります。
  フォローアップ診察では、初診時と同様の検査を行うことができ、経時的なデータを提供することが可能となります。
 また、ニュースレター等で、定期的に当センターの診療、認知リハビリテーションなどの研究、お薬の治験等の情報、また最新の統合失調症に関する情報を提供致します。

EDICSの構成

[ ▲ページの先頭へ ]

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]