ホーム専門疾病センター > 統合失調症早期診断・治療センター

EDICS 統合失調症早期診断・治療センター (エディックス)
  • 統合失調症早期診断・治療センター (EDICS) について
  • 専門外来・予約方法
  • 検査・治療について
  • 心理教育・患者手帳
  • 医療・福祉・教育関係の皆様へ

EDICSについて-ご挨拶-

 統合失調症は、思春期・青年早期に発症することの多い疾患で、長い経過をたどることが多いとされています。人口の1%弱という多くの方々がこの病気に悩んでいるにも関わらず、その原因は現在でもはっきりと解明されていません。しかしながら病気の長い経過の中で、発症早期の治療が非常に重要であることは繰り返し指摘されています。

 統合失調症早期診断・治療センターEarly Detection and Intervention Center for Schizophrenia; EDICSは、精神科の中でも最も重要な疾患のひとつである統合失調症の発症早期に適切な診断・治療を行うこと、また適切な治療法を開発することを目的として設立されました。病院と研究所が一体となって、この重要な問題に取り組んでいきたいと考えています。みなさまのご理解、ご協力をお願い致します。

第一精神診療部 第六精神科医長
統合失調症早期診断・治療センター
       吉村 直記

[ ▲ページの先頭へ ]

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]