ホーム専門疾病センター 統合失調症早期診断・治療センター> 医療・福祉・教育関係の皆様へ

EDICS 統合失調症早期診断・治療センター (エディックス)

医療・福祉・教育関係の皆様へ

EDICSについて

  • 精神病発症2年以内くらいの方を対象に,時間をかけた面接はもちろん,希望があれば認知機能・血液・画像・生理学的検査など多角的な評価を行います。
  • 統合失調症であると判断された場合,初期治療と並行して患者さんの様子をみながら疾患教育を柱とした心理教育を行います。
  • できるだけ多くの患者様を受け入れるため,当外来での治療期間は最大約3ヶ月程度とさせて頂いております。
  • 当外来での治療期間終了後、患者様にはフォローアップの診察のお知らせや統合失調症の治療に役立つ情報を定期的にお送りする予定です。
  • ご紹介をお待ちしております。

医療機関からの予約方法は、専門外来予約方法のページを参照下さい。

EDICSで行う心理検査

検査名

検査の目的

内容

神経認知

BACS
(統合失調症認知機能評価尺度)

統合失調症が顕著に障害されていると言われる認知機能について、神経心理学的に評価する。

「言語性記憶」「ワーキングメモリ」「運動機能」「言語流暢性」「注意と情報処理速度」「遂行機能」

社会認知①

SCSQ
(心の状態推論質問紙)

他者の意図や気持ちを推測したり、理解するという社会認知を評価する。

「作業記憶」「文脈からの推測」「心の理論」「敵意バイアス」「メタ認知」

社会認知②

FEIT
(顔表情知覚課題)

他者の表情から、感情を推測するという社会認知の能力を評価する。

「喜び」「悲しみ」「怒り」「恐怖」「驚き」「嫌悪」「感情なし」

日常生活技能

UPSA-B
(日常生活技能評価尺度)

日常生活技能を評価する。

「金銭出納」「コミュニケーション技能」

症状評価①

PANSS
(陽性・陰性症状評価)

統合失調症の陽性・陰性症状の重症度を評価する。

インタビューによる症状評価。

症状評価②

CDSS
(Calgary Depression scale for schizophrenia日本語版)

錐体外路症状や陰性症状に影響されない統合失調症における抑うつの重症度を評価する。

インタビューによる症状評価。抑うつ、絶望感、自己軽視、罪責的関係念慮、病的罪業感など。

自閉傾向

AQ
(自閉症スペクトラム指数)

自閉症スペクトラムにみられる症状や、認知的特徴の程度を把握する。

50の質問項目による評価。

病前IQ

JART25

病前IQ値を推定する。

25項目による評価。

社会機能

SLOF
(特定機能レベル評価尺度)

対人関係や、日常生活技能、就労などに関する実績について評価する。

全24項目の質問紙。患者や介護者、評価者により評価可能。

主観的ウェルビーイング

SWNS-J
(抗精神病薬治療下主観的ウェルビーイング評価尺度)

抗精神病薬を服用している患者の主観的QOLを評価する。

患者自身の認知、情緒、思考、意欲、自発性についての質問紙。

[ ▲ページの先頭へ ]

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]