ホーム病院について > 概要

概要

 昭和61年10月に国立武蔵療養所、国立武蔵療養所神経センター及び国立精神衛生研究所を統合して発足した国立精神・神経センターは、平成22年4月、独立行政法人国立精神・神経医療研究センターとなり、精神疾患、神経疾患、筋疾患及び知的障害その他の発達の障害に関する国立高度専門医療研究センターとして新たに発足しました。

 精神医学と神経学は密接に関連する学問領域ですが、これらを総合的に扱う臨床研究と実践の機関は当センターしかありません。当センターの使命は、「病院と研究所が一体となり、精神・神経疾患等の克服を目指した研究開発を行い、その成果をもとに先駆的医療を提供するとともに、全国への普及をはかること」にあります。

 精神・神経疾患等を持つ方では、難治性で慢性の経過をたどることも多く、日常生活に大きな影響を及ぼします。当センターは唯一の精神・神経疾患のセンターとして、先駆的医療の提供・普及により、わが国の医療をリードし全国の医療水準の向上に貢献します。

病院運営の基本方針

 精神の病気、神経系の病気、筋肉の病気、発達障害を持つ患者さんに対して

  1. 1.人権と安全を尊重し医療倫理に基づき高度先駆的医療を提供します。
  2. 2.病気の原因解明に取り組み、研究で得られた成果を先駆的医療として提供します。
  3. 3.日本をリードする高度専門医療機関として、人材の育成に努め、国の内外に情報を発信します。

病院の理念

 研究所と一体となって診療と研究に取り組み、精神・神経・筋疾患と発達障害の克服を目指します。

基本方針

  1. 1.研究成果を医療に生かします。
  2. 2.高度な医療を優しく提供します。
  3. 3.人材を育て、情報を全国に発信します。

臨床倫理指針

  1. 1.患者さんの権利を尊重し、公正かつ質の高い医療を安全に提供します。
  2. 2.患者さんへ医療内容を丁寧に説明し、患者さんの自己決定権を尊重します。
  3. 3.守秘義務と個人情報の保護を徹底します。
  4. 4.先進医療や生命の尊厳にかかわる問題については十分に審議した上で医療を提供します。
  5. 5.臨床研究については倫理委員会において審議された結果に従い実施します。

国立精神・神経医療研究センター病院を受診される方々へ

患者さんの権利


クリックで拡大>

 私達、国立研究開発法人国立精神・神経医療研究センター病院の職員は、病をもつ方も、障がいをもつ方も、年齢を問わず、以下の患者さんの権利を保証します。

  1. 1.常に個人としての人格を尊重されます。
  2. 2.良質で最適の医療を受けることができます。
  3. 3.病気、治療、検査、薬などについて、情報提供と納得できる説明を受けることができます。
  4. 4.十分な情報提供と説明を受けることで自分の意志によって検査・治療法を選択できます。
  5. 5.診断や治療について他の医師に意見を求めることができます。
  6. 6.自分の受けている診療の内容を知る為に、診療録の開示を求めることができます。
  7. 7.個人情報は、厳密に保護され、プライバシーを他人にさらされることはありません。
  8. 8.研究途上にある医療に関しては、十分な情報提供を受けた上で、自分の意志で受けるかどうか決めることができます。また、受けた場合も途中で中止することができます。

()ども患者(かんじゃ)さんの権利(けんり)


クリックで拡大>

私達(わたしたち)国立(こくりつ)研究(けんきゅう)開発(かいはつ)法人(ほうじん)国立(こくりつ)精神(せいしん)神経(しんけい)医療(いりょう)研究(けんきゅう)センター 病院(びょういん)職員(しょくいん)は、()どもの患者(かんじゃ)さんの権利(けんり)
保証(ほしょう)します。

  1. 1.どのような病気(びょうき)にかかったときでも、よい医療(いりょう)()けることができます。
  2. 2.どのようなときでも、ひとりの人間(にんげん)として大切(たいせつ)にされ、ご家族(かぞく)(ちから)()わせながら医療(いりょう)()けることができます。
  3. 3.病気(びょうき)のことや病気(びょうき)(なお)していく方法(ほうほう)()りたいときは、わかりやすいことばや()などを使(つか)って、病院(びょういん)(ひと)(おし)えてもらうことができます。
  4. 4.病気(びょうき)のことや病気(びょうき)(なお)方法(ほうほう)について説明(せつめい)()いてから、自分(じぶん)(かんが)えや気持(きも)ちを病院(びょういん)(ひと)やご家族(かぞく)(つた)えることができます。
  5. 5.わからないことや不安(ふあん)なことがあるときはいつでも、ご家族(かぞく)病院(びょういん)(ひと)たちに()いたり、(はな)したりすることができます。
  6. 6.入院(にゅういん)しているときでも、できるかぎりご家族(かぞく)一緒(いっしょ)()ごすことができます。
  7. 7.入院(にゅういん)していても、勉強(べんきょう)したり、(あそ)んだりすることができます。
  8. 8.あなたの病気(びょうき)がよくなるように、あなたのからだや気持(きも)ちのことをできるだけくわしく病院(びょういん)(ひと)たちに(つた)えるようにしてください。
  9. 9.あなたとみんなが気持(きも)ちよく()ごすために、病院(びょういん)約束(やくそく)をまもってください。

身体障害者補助犬の受け入れについて


クリックで拡大>

当院では、身体障害者補助犬法に則り、身体障害者補助犬の認定を受けた盲導犬・聴導犬・介助犬の同伴を受け入れております。
院内で補助犬を見かけた際は、あたたかくお見守り下さい。

※補助犬以外の動物(ペットやセラピー犬など)同伴でのご来院はお断りしています。

患者さんへのお願い

  1. 1.病気に関する正確な情報を医療者にお伝えください。
  2. 2.治療についての疑問や心配などがありましたら職員にご相談ください。
  3. 3.治療の上で必要な決まりはお守りください。
  4. 4.安心できる治療環境を守るため迷惑行為や診療妨害が認められたときには診療をお断りすることもあります。
  5. 5.治験等の臨床研究にご協力ください。
  6. 6.研修医や学生等の教育にご協力ください。

病院の概要

院長:
村田 美穂
所在地:
〒187-8551 東京都小平市小川東町4-1-1
TEL:
042-341-2711(代表)
FAX:
042-344-6745

独立行政法人 国立精神・神経医療研究センターとして発足するまでの各施設の沿革

  1. 昭和61年10月
    国立精神・神経センターとして統合、発足
  2. 平成22年4月
    独立行政法人 国立精神・神経医療研究センターとして発足

病院(旧武蔵病院)

  1. 昭和15年12月
    傷痍軍人武蔵療養所として発足
  2. 昭和20年12月
    厚生省に移管、国立武蔵療養所として発足
  3. 昭和53年1月
    研究部門(国立武蔵療養所神経センター)を併設
  4. 平成20年4月
    国立精神・神経センター病院に名称変更

神経研究所

  1. 昭和53年1月
    国立武蔵療養所神経センターとして発足(8部16室)

精神保健研究所

  1. 昭和27年1月
    国立精神衛生研究所として発足
  2. 平成17年3月
    武蔵キャンパスに移転

国府台病院

  1. 明治5年3月
    東京教導団兵学寮病室として創設附属高等看護学院を設置
  2. 明治32年10月
    国府台衛戊病院と改称
  3. 昭和11年11月
    国府台陸軍病院と改称
  4. 昭和20年12月
    厚生省に移管、国立国府台病院として発足
  5. 昭和34年6月
    市川市立伝染病棟を併設
  6. 平成20年4月
    国立国際医療センターへ組織移管

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]