ホーム受診のご案内外来専門外来 > IBS外来

IBS外来

過敏性腸症候群(IBS)について

 IBSとは、腹痛、腹部不快感やそれにともなって下痢、便秘などの便通異常が続く病気で、内視鏡などの検査をしても腸に原因となる器質的(形の変化を伴う)異常が見つからないものです。

 日本人の約14%がこの病気にかかっています。生活上の変化やストレスで症状が悪化しやすく、生活の質がしばしば大きく低下します。IBSでは腸の動きの異常があることや、腸の痛みに敏感になっていることがわかっています。

 診断は特徴的な症状と経過によるほか、他の疾患で腹痛や便通異常が起きていないか診察や検査を行います。

 治療は食事・生活習慣の改善を指導し、消化管の薬を処方するほか、ストレスの影響が大きい場合は抗うつ薬や抗不安薬の処方や、リラクセーション法や心理療法を行う場合もあります。

当センターIBS外来の特色

  • IBSを専門とする消化器内科医および心療内科医による診断・検査・治療が受けられます。
  • 希望者にはIBSの認知行動療法をご案内しています
  • IBSでないと診断された場合は他科受診または治療不要のいずれかの判断をいたします。

IBS外来の対象となる方

  • IBSであることが疑われる方、または既に他の医療機関でIBSの診断がついている方を対象にしています。
  • 次のAの項目が当てはまり、さらにB-1,B-2, B-3のうち2項目以上が当てはまる場合はIBSが疑われます。
  • A 腹痛や腹部不快感を半年以上前から繰り返し、特に最近3ヶ月は、月のうち3日以上ある
  • B-1 腹痛や腹部不快感は、排便すると軽くなる
  • B-2 以前より排便の回数が増えた
  • B-3 便の形状が以前と変わった(やわらかい、かたい、便秘、下痢など)

次のような症状がある場合は、IBS以外の腸の病気があることが強く疑われますので、大腸の内視鏡検査やバリウム検査をお勧めしています。

x
  • 発熱や、関節の痛みがある
  • 便に血が混じる
  • 体重が減っている
  • 腹部の診察で異常がある
  • 50歳以上で腹部の症状や便通異常が始まった
  • 精神疾患(うつ病、不安障害など)に伴って胃腸の症状が出ている場合、自己臭症の場合は精神科での治療を受けることをお勧めしています。

診察の予約方法

  • IBS外来は完全予約制です。
  • 初診は木曜日13時から15時までです。(1日2名まで)
  • 再診は木曜日15時から17時までです。
  • 予約センターより予約ください(042-346-2190)
  • 現在、どこかの医療機関にかかっている場合は、現在の主治医からの診療情報提供書(紹介状)や検査結果などの資料をご持参ください。

IBSに対する認知行動療法のご案内

  • 当病院ではIBSの最先端の治療法として、IBSの認知行動療法の開発を進めています。認知行動療法とは、私たちの感情や行動、身体の反応は、様々な出来事に対する受け取り方に影響を受けるという理解にもとづき、その受け取り方を治療者と話し合い、問題解決法をともに考え、実際に試していくという治療法です。海外ではIBSの症状の軽減や生活の質の改善に有効であることが科学的に実証されています。しかしわが国ではこの治療を実施している施設は稀です。
    IBSに対する認知行動療法 詳細
  • トレーニングを受けた臨床心理士が、当センターで開発したマニュアルとテキストを用いて実施します。
  • 認知行動療法を受けることを希望される方はIBS外来担当医にお申し出ください。
  • 研究の一環として行っておりますので、認知行動療法以外の通常治療を先にしていただく場合もございます。

担当医

有賀 元、 天野 智文、 富田 吉敏、 安藤 哲也

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]