ホーム受診のご案内外来専門外来 > 統合失調症専門外来

統合失調症専門外来

統合失調症について

 統合失調症は、思春期・青年早期に発症することが多い疾患です。人口の約1%の方がこの病気に悩んでおり、比較的発症頻度の高い精神疾患ですが、その原因は現在でもはっきりと解明されておりません。

 主な症状は、現実にないものをあると感じる「幻覚」や、現実でない内容を信じこむ「妄想」、うつなどの気分症状、さらに記憶力や注意力、遂行能力などが低下する認知機能障害などです。治療は薬物療法を中心に、身体療法、心理社会的療法などがあります。

 治療をせずに長期に経過すると、症状が改善しにくくなったり、社会的な機能が低下し、社会復帰が困難になるなど、様々な課題が生じるため、早期発見し、適切な治療が必要です。

※当院では、統合失調症早期診断・治療センターを開設しております。
詳細は、EDICS ページをご参照ください。

初診について

  • 初診は右記の時間で行っております。
  • 診察前に、予診表に記入していただきますので、診察15分前には、精神科外来までお越し下さい。
  • 各時間1名ずつで、診療には30分から60分ほどかかります。
  • 診療の進行具合で、診療開始時間が遅れることもありますので、ご了承ください。
  • 発症早期(おおよそ2 年以内)の治療に力を入れておりますが、そうでない患者様についても、診療を行っております。
    (統合失調症の診断を受けたが、本当にそうか知りたい、等)
9:30(住吉)
休診
9:30(中込)
9:30(吉村)
9:30(竹田)

予約について

 当専門外来は、FAX 予約制です。以下の手順でご予約ください。

  • -(1)精神科外来 FAX 申込書をダウンロード
  • -(2)「統合失調症専門外来を希望であること」、「これまでの受診歴」を必ずご記入の上、以下の番号へFAX 送信してください。

 FAX 送付先
 国立精神・神経医療研究センター病院:042-346-1681
 ※番号のかけ間違いにはご注意ください。

診療に関する注意点

  • 初診後の外来診察につきましては、初診にて医師とご相談ください。
  • 初診時に、他院の紹介状がない方は、初診時に特定療養費\5,400 をご負担いただきます。
  • 健康保険証は必ずご持参ください。

その他に以下のような「証」をお持ちの方は合わせてご持参いただき、総合受付にご提出ください。

  • -老人保健法 医療受給者証
  • -特定疾患医療受給者証
  • -医療要否意見書
  • -福祉医療証(東京都)
  • -マル障受給者証(東京都)
  • -マル親医療証(東京都)
  • -マル都医療券(東京都)

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]