ホーム地域連携型 認知症疾患医療センター > お知らせ 詳細

「こだいら認知症フォーラム2017」が開催されました

 自分や家族が認知症になっても安心して暮らせる街づくりを目指し、小平市では初めてとなる認知症週間が設けられました。期間中は認知症を自分のこととして、また地域の課題として考える催しも開催されました。認知症週間中の催しの1つとして、H29年11月18日(土)には「こだいら認知症フォーラム2017~認知症を知り、地域で支えあう~」が開催されています。

 フォーラムでは「認知症の本人と家族の思いを知り、地域で何ができるか考える」をテーマに医師、グループホーム、家族会会員、地域包括支援センター、小平市職員が参加しシンポジウムが行われました。シンポジストとして、日頃より認知症疾患の診察にあたっている精神科医師で脳病態統合イメージングセンター臨床脳画像研究部臨床脳画像研究部長の髙野晴成先生が登壇しています。シンポジウムでは、市民の方々等からの活発な質問もあり、認知症に対する関心の高さが伺えました。

 認知症疾患医療センターはセンター長はじめ専従相談員が実行委員として認知症ファーラムの企画、運営に携わりました。小平市で初めての認知症フォーラムが盛況に終わったことをうれしく思います。

 今後も小平市はじめ各機関と協力し、地域における認知症医療・介護連携の推進役として頑張ってまいります。

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]