ホーム診療科・部門総合内科 > 栄養管理室

栄養管理室

栄養管理室の基本理念

 栄養管理室は、治療の一部を担う部門として、食事について次のような基本理念をふまえ業務にあたっています。

栄養管理室の基本姿勢

  1. 1.食事とは、人間が生命を維持し、活動するのに必要な栄養素とその量を満たすものです。医療の中では、患者様の病気を改善する助けとなるよう、必要な栄養素とその量をコントロールいたします。
  2. 2.食事は文化的な要素を含んでいます。病院のお食事も「文化性」を有するよう努めます。

運営方針

  1. 1.栄養管理室職員は、患者様が必要とする医療に適切な対応を行い、治療に貢献し、患者様から信頼され、満足を得られるように努めます。
  2. 2.栄養管理室職員は、各種研修会に積極的に参加し、自己研鑽に努め、チーム医療の一員として、その責任を果たすよう努めます。

入院中のお食事について

 当院では、普通食の他、いろいろな疾病にあわせたお食事や、摂食状況に応じて形態を調整したお食事などをご用意しております。

一般食

常食・軟菜食

 普通食です。バランスのとれた健康食です。

分粥食・流動食

 普通食より軟らかく調理されており、食欲のない時など食べやすくなっております。段階的に数種類ご用意しております。

治療食

エネルギーコントロール食

 糖尿病、高脂血症などの方や体重のコントロールが必要な方に、カロリーを調整したバランス食です。

エネルギー・ナトリウムコントロール食

 高血圧、心臓病、痛風などの方に、カロリーと塩分を調整したお食事です。

脂質・たんぱく質コントロール食

 肝臓病、膵臓病、胆石などの方に、脂肪とたんぱく質を調整したお食事です。

消化管庇護食

 胃・十二指腸潰瘍などの方に、軟らかく消化しやすく調整したお食事です。

検査食

 検査のために繊維などの調整が必要なお食事を用意しております。

その他

 荒キザミ、キザミ、ミキサーといった形態を調整したお食事もご用意しております。

 お子様には小児特別食、赤ちゃんには離乳食やミルクをご用意しております。
また、重症児(者)の方用のお食事もございます。お食事の摂取が難しい方には、濃厚流動食(栄養剤)もございます。

※患者様の召し上がるお食事の種類は、主治医の指示によります。

栄養相談のご案内(入院・外来)

 当院では、管理栄養士が患者様の状況にあわせた食事についての栄養相談を行っております。お食事の取り方など興味のある方は是非ご利用ください。
ご希望される方は、主治医までお申し出ください。お待ちしております。

お問い合わせ先

〒187-8551
東京都小平市小川東町4-1-1
国立精神・神経医療研究センター 病院・栄養管理室

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]