ホーム診療科・部門医療連携福祉部 > 医療福祉相談室

医療福祉相談室

ご案内

 病は、その人の生活と心に暗い影を落とします。当院が診療にあたる精神科領域の病気、神経や筋肉の難病の多くは、治療に長い時間を要し、時として障害を残すこともあります。

 このため、就学や就労を困難にし、病を持つ人の生活を一変させるだけでなく、経済的負担や介護負担が家族にも重くのしかかり、家庭全体が生活上の危機や困難を抱えることも少なくありません。

 病気を治すことだけでなく、病気から引き起こされる生活上の危機や困難も視野に置き、患者様やご家族がこれらの問題を回避、解消、軽減できるよう、当院では医療福祉相談室を設け、専門の職員(ソーシャルワーカー)を配置し相談をお受けしております。

 どうぞ、お気軽にご相談下さい。

経済的問題の解決、調整援助

 患者さんが医療費の支払いにお困りの場合、傷病や障害から派生した生活苦に陥っている場合などに 保険、福祉等の関係諸制度を活用できるように援助しています。

療養中の心理的・社会的問題の解決、調整援助

 患者さんが安心して療養できるように、療養中の家事、育児、教育、職業等の問題について相談援助をおこなっていま す。また在宅療養環境を整備するための諸サービスの活用を援助しています。その他、傷病・障害や療養に伴って生じる患者さん・ご家族の心理的・社会的サポートのための相談に対応し各種サービスの活用や人間関係の問題等の解決、調整に必要な援助を行っています。

受診・受療援助

 生活と傷病の状況に適切に対応した医療の受け方について相談援助を行っています。

退院・社会復帰援助

 生活と傷病や障害の状況から退院・転院・社会復帰に伴って生ずる患者さんやご家族の経済的、心理的、社会的問題の相談に応じています。たとえば、退院後の社会福祉施設等の利用に関することや、在宅ケア諸サービスについての情報を整備し、関係機関、関係職種等との連携の下に退院する患者さんの生活と傷病や障害の状況に応じたサービスの活用を援助しています。

地域活動

 関係機関、関係職種等と連携し、地域の保健医療福祉システムづくりのために、多くの地域のプログラムに参画しています。

その他

 実習生の指導、他の関係機関への相談・研修事業への協力もおこなっています。

以上のような業務を、患者さん・ご家族のプライバシーを守り主体性を尊重し援助しております。

お問い合わせ先

〒187-8551
東京都小平市小川東町4-1-1
国立精神・神経医療研究センター病院 医療福祉相談室

 

 

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]