ホーム診療科・部門放射線診療部 > 画像解析

放射線診療部 画像解析

 現在当放射線科では、てんかん、アルツハイマー型認知症、びまん性レビー小体病、筋ジストロフィー、パーキンソン病及びその関連疾患、末梢神経障害を対象とした画像研究を行っています。それらの疾患をMRIの新しい手法、拡散テンソルやVBMなどの形態計測など様々な解析法を駆使して研究を行っています。また2007年から、アルツハイマー病総合診断体系実用化プロジェクト・全国共同臨床研究(J-ADNI) が始動しまして、全国の主要大学を含めた34施設の全ての臨床、画像データを当センターで収集し、MRIの画像解析を行います。当施設の中でも特に放射線部が中心になって行われる大規模コーホート研究で、これからさらなる研究成果が期待できます。

放射線診療部イメージ1放射線診療部イメージ2放射線診療部イメージ3

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]