ホームレジデント・臨床研修研修プログラム・放射線科コース > CR

研修プログラム・放射線科コース CR

 この検査は、体外からエックス線をあて、体の中(骨や内蔵)の状態を写真に写すものです。

 この検査には色々なものがあり、皆様が受けられたことのある灰や骨などの単純エックス線、バリウム(牛乳の様な液体で、胃等の写真の写りを良くするための薬です。)を飲んで調べる胃や腸の検査、肛門から造影剤(バリウムと同じように特定臓器について写真写りを良くするための薬。)を入れて調べる大腸の透視検査、また血管内にチューブを挿入し、造影剤を注入する血管造影検査などがあります。また、エックス線検査には少なからず"放射線被爆"という問題が起こっていますが、その量はわずかなものであり、検査によって患者さんが得られる利益が比較にならないほど大きなものとなるよう努力していきますので、ご安心して検査をお受けください。

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]