ホームレジデント・臨床研修研修プログラム・放射線科コース > SPECT

研修プログラム・放射線科コース SPECT

 この検査は僅かな放射能を有する放射性医薬品を体内に投与して、その体内分布を体の外から計測することにより、臓器の働きを見ることができます。この検査により全身の骨の異常やがんの発見、脳梗塞疾患などが疑われる場合などに有利な診断をすることができます。

 センターが行っている精神疾患・精神難病、例えば認知症(痴呆)、てんかん、パーキンソン病などの脳の機能異常の診断や治療に大きく貢献しています。

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]