ホームレジデント・臨床研修研修プログラム・放射線科コース > PET

研修プログラム・放射線科コース PET

 この検査はSPECT検査と同じように放射性医薬品を体内に投与します。その薬品に標識された放射線アイソトープから放出されるX線を検出することにより、医薬品の体内分布を知ることが出来ます。 SPECTよりも使用するアイソトープの半減期が極端に短いので、被爆量を押さえることができ、さらにSPECTよりもはるかに鮮明な画像を得ることが出来ます。放射性医薬品は糖代謝を反映するFDGを使用していますが、その薬剤は、病院の中に設置されたサイクロトロンでアイソトープを生産しています。

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]