ホーム診療科・部門脳神経外科 > 概要

脳神経外科 概要

 当院では、脳磁図(MEG)・ポジトロンCT(PET)、f MRIなどの先端診断装置、及び発作 時脳波/ビデオ同時記録、頭蓋内脳波記録、神経心理検査等による術前評価を行った上で、薬物治療で発作の抑制が困難 な難治性てんかんの患者さんを対象に外科手術を行っています。側頭葉てんかん、大脳皮質てんかん、小児の難治てんかん、乳幼児の難治てんかんなどが適応となります。

パーキンソン病・不随意運動の外科治療

 パーキンソン病及び様々な不随意運動症に対し、深部脳電気刺激(DBS)などの機能的脳外科手術を行っています。パーキンソン病の振戦・固縮・無動、本態性振戦、外傷後振戦、脳卒中後の不随意運動、ジストニア、頚性斜頚、顔面けいれんなどが適応となります。

難治性疼痛の外科治療

 脳卒中後・外傷後の中枢性疼痛、三叉神経痛などの難治性疼痛に対する外科治療を行っています。

神経内視鏡手術

 内視鏡を用いて、中脳水道閉塞による水頭症に対する第三脳室底開窓術や、深部の脳腫瘍に対する低侵襲手術を行っています。

一般脳神経外科手術

 脳腫瘍、脳動脈瘤、脳動静脈奇形、脊髄腫瘍などの一般脳神経外科疾患に対し、高度な医療機器を用いた脳神経外科治療を行っています。

臨床及び基礎研究

 国立精神・神経医療研究センターの臨床各科との共同研究、及び神経研究所などの基礎研究グループとの研究協力で、新しい診断と治療法の開発に向けた先端的研究を行っています。

顕微鏡を用いたてんかん外科手術
顕微鏡を用いたてんかん外科手術

脳磁図(MEG)及び頭蓋内脳波記録
脳磁図(MEG)及び頭蓋内脳波記録

深部脳電気刺激(DBS)及び神経内視鏡手術
深部脳電気刺激(DBS)及び神経内視鏡手術

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]