ホーム診療科・部門脳神経外科 > 概要

脳神経外科 難治てんかんの外科治療

先進的診断技術にもとづくてんかんの外科治療

 近年は、脳の画像診断技術が発達し、手術の対象となるてんかんの原因が分かるようになり、安全で確実なてんかんの手術が可能になっています。MRIだけでなく、PETやSPECTなどの機能的画像診断も複合的に用い、脳波や臨床症状などを総合的に診断して手術方針を決めています。

手術の対象となるてんかん

 十分にお薬を使ってるにもかかわらず、てんかん発作がゼロにならない患者さんが手術の対象となります。すべての患者さんが手術で良くなるわけではありませんが、手術が相応しいかどうかを知るために、必ず一度は詳しい検査を受けることが大事です。

手術の対象となる主なてんかん

内側側頭葉てんかん(海馬硬化症)
 嘔気などの前兆から動作が停まり、反応がなくなる発作が特徴です。MRIで海馬の委縮がある。80~90%の患者さんは手術によって発作が消失するとされます。
MRIでてんかんの原因病変が明らかなてんかん
 限局性皮質形成異常、腫瘍、血管奇形、外傷や脳卒中後の瘢痕など、さまざまな病変がてんかんの原因になります。病変の場所や大きさによって、発作の症状や手術の方針は異なります。手術によって原因病変が完全に取れれば、50~90%の患者さんで発作が消失します。
乳幼児の大脳形成異常を伴う難治性てんかん
 半側巨脳症、スタージウエーバー症候群、皮質形成異常など、乳幼児期から難治のてんかんを発症することがあります。てんかん発作が収まらないと、発達に悪影響を及ぼすので、早期の手術が必要になります。
転倒発作を伴う難治性てんかん
 「全般発作」と呼ばれる発作があると、突然体の力が抜けたり(脱力発作)、突然体が突っ張ってしまったり(強直発作)して転倒し、怪我につながることがあります。脳梁離断術は、このような発作を軽減し、発作による怪我のリスクを減らします。

 その他にも、たとえMRIで病変がはっきりしなくても、PET検査や脳波の結果にもとづいて手術が可能な患者さんが多くいらっしゃいます。
 また、切除手術が難しい患者さんに対しては、発作の軽減を目的に迷走神経刺激療法を行っています。

てんかん原性病変の見つけ方

 てんかんの病態は、脳の血流(SPECT)やブドウ糖代謝(PET)などの画像診断により、直接目で見えるようになってきました。てんかんの原因となっている領域(てんかん原性領域)では発作の間歇期には血流やブドウ糖代謝は低下している場合が多く、一方発作時には高血流・高代謝となる特徴があります。この脳機能画像所見とMRI画像、さらに発作症状や脳波、脳磁図(MEG)の所見を参考にすることで、てんかん原性領域を正確に同定することが可能であり、このことがてんかん外科手術の治療成績の向上に結びついています。

内側型側頭葉てんかんのMRI、SPECT所見画像

皮質形成異常のMRI、PET、発作時SPECT、MEG所見画像

手術で治るてんかんの早期発見と早期治療

 難治てんかんの患者さんでは、薬物や社会生活上の制約に起因する様々な障害が慢性的に蓄積する傾向があり、そのため長期の難治てんかんの場合、仮に手術で発作が治癒したとしてもそれまで蓄積した神経心理学的障害が問題として残ることがあります。一方、特に小児の場合、難治てんかんによって引き起こされた発達障害は、早期の外科治療で発作が消失することで回復する可能性もあり、従って「手術で治療可能な症候性てんかんの早期発見と早期治療」が、現在難治てんかんの治療における重要な課題となっています。

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]