ホーム診療科・部門精神科 > 治験について

精神科 治験について

 精神科で行う治験とは、該当する病気や症状に対する「新薬」として、日本国内で市販されるにふさわしいものかどうかを決めるために、患者様のご協力を得て、薬物としての効果や安全性をあらかじめ試して見るもので、新しい治療法の開発には欠くことの出来ない調査・研究です。

 これには、「薬の候補」となる新しい薬物の有効性や安全性を評価する場合と、すでに市販されている薬について、それまでに使用が認められている以外の病気や症状にも有効で安全に使用できるかどうかを評価するものがあります。また、すでに市販されている薬について、新たな剤形(錠剤、粉末、液体、注射など)や用量(幅の拡大)についての効果や安全性を評価するものもあります。

 ナショナルセンターである病院には、製薬会社などから多くの治験依頼があり、患者様と共に積極的に協力しています。新薬のいち早い使用や新しい治療法の開発のために、多くの皆様のご理解とご協力をお願い致します。

 担当医からの説明にご納得いただけた場合には、病院の治験管理室の治験担当者からも十分なご説明を致します。

現在病院で行われている治験について

 詳しくは臨床研究・治験推進室のページをご覧下さい。

[ TOPへ戻る ]