ホームレジデント・臨床研修研修プログラム・精神科コース > 研修プログラム

精神科 研修プログラム

初期研修医:新研修制度下、協力型病院として短期必修の精神科研修の受け入れ

 現在当院の初期研修医は、平成15年度採用(精神科ストレート研修最終世代)の5名が2年目の研修を行っています。なお、旧制度では、定数は精神科臨床研修医10名で、研修年限は2年、初期研修医課程の終了後、多くの研修医は当院の精神科レジデントのコースに進んでいます。

 ご存知のように、平成16年度から卒後研修制度が変わり、スーパーローテーションと精神科研修の必修化が盛り込まれました。新制度下、病院は専門病院として協力型研修病院となりました。これによって、当院の精神科研修には2つの変化があります。

  • 1)従来の精神科ストレート研修が無くなり、当院の研修医は平成15年度採用の現研修医(2年目)を最期に研修医採用はなくなります。
  • 2)協力先病院採用の研修医に対する短期精神科研修(必修)の受け入れが新制度2年目の平成17年度から始まります。

 協力先としては、現在国立病院機構(独)の東京災害医療センターと西埼玉中央病院、公立昭和病院、東京北社会保険病院が決定しています。当院での必修精神科研修の期間は東京災害医療センターは6週間、他はすべて4週間の予定です。

精神科レジデント(後期研修医)

 3年間のレジデント課程ならびに2年間の専門修練医課程(シニア・レジデント)があります。まず、レジデント課程は、2年間の初期研修を修了またはこれに相当する経験を有する医師が対象となります。採用の際に精神科経験の有無は問われません。統合失調症や気分障害、脳器質性または症状性の精神障害、神経症、人格障害、てんかん、並びにアルコール・薬物関連精神障害等の精神科医療全般を対象とします。この研修を通じて、『精神保健福祉法』の定める「精神保健指定医」の資格取得に求められる精神科臨床経験(主要疾患8症例)を得ることができます。

 さらに、当院の精神科研修プログラムの特徴は、各専門領域毎に診断と治療の実際を集中して経験できる点にあります。このことにより、多岐にわたる精神障害に対して系統的な知識と技術が習得可能となり、専門医としての責任ある診療が可能な質の高い精神科エキスパートを養成すると共に臨床研究への関心を培うことを目標としています。

 レジデント研修として、「精神保健指定医」の応募資格取得の目標は大切ですが、初期研修と異なり、専門医研修に対する要求も多彩です。意欲ある医師には研修の機会が広がるように柔軟に対応しています。例えば、これまでレジデント研修を受けている方たちをみると、研修前の経験にも卒後3年目から16年目までと幅があり、また心療内科医や小児精神科医を目指す方のための6か月~1年間という比較的短期間の研修も受け入れてきました。

 さらに当院の精神科レジデント研修を補うためには院外施設研修も積極的に奨励しています。特に小児・思春期精神障害に関する発達精神医学分野でご協力いただいている施設には、当センター国府台病院、都立梅ヶ丘病院、横浜市総合リハビリテーションセンターなどわが国有数の専門施設を含み、当該分野における当院での研修環境の不十分さを補うことに留まらず、有数の専門スタッフとの出会いはレジデントにとってもかけがえの無い経験となっています。

 研修の段階は導入期(約1か月間)に続いて、初期、中期、後期の3段階(各約1年間)から構成されます。具体的には、以下のようになっています。

  • 1)導入期:オリエンテーション、病棟・検査室実習、外来実習、回診実習、初期クルズス。
  • 2)初期:急性期を中心とした機能別病棟研修(男・女急性閉鎖病棟を各々6カ月ずつ研修)外来実習(予診)、検査実習(脳波、画像診断)、中期クルズス。
  • 3)中期:専門病棟研修(うつ病、てんかん、アルコール・薬物、老年期精神障害の各病棟)
  • 4)後期:精神科デイナイト・ケア、放射線科や脳外科等の院内他科、並びに院外施設(国府台病院、公立昭和病院、都立梅ヶ丘病院、横浜市総合リハビリテ-ションセンターなど)などにおける個別特殊分野の研修。

 次に、専門修練医制度は、上記のレジデント課程を修了した、あるいはこれに相当する知識と技術、並びに経験を有する方(“シニア・レジデント”)を対象として、精神疾患の診断・治療・研究に求められる高度に専門的な知識と技術を獲得し、精神疾患の専門的医療と臨床研究に従事することが可能な医師を育成することを目的とするものです。

病院精神科研修医・レジデントの主な出身大学

日本大 聖マリアンナ医大 日本医大 旭川医大 愛知医大 弘前大 熊本大 東京大 九州大 東北大 金沢大 富山医薬大 新潟大 岩手医大 浜松医大 千葉大 東京医歯大 東邦大 京都大 神戸大 滋賀医大 広島大 佐賀医大 山梨医大 筑波大 産業医大 名古屋大

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]