ホーム診療科・部門精神科> パニック障害

パニック障害

 うつ病とならんでパニック障害も大変ポピュラーな病気で、生涯に一度でもかかる方が一般人口の2~8%にも達すると言われています。またうつ病と同じように、最初からパニック障害を疑って医療機関に受診される方は少なく、突発性の心悸亢進・息苦しさ・胸の痛み・吐き気などがみられるため、体の不調と考えて内科を初めとする一般科を受診することが多いのです。加えて医療機関を受診しても、以前用いられていた診断名である過喚起症候群・心臓神経症・不安神経症などの病名がついてしまい、パニック障害に対する最新の有効な治療が行われない場合もあるようです。

 他の病気同様、パニック障害も早期発見・早期治療が非常に大切です。治療の開始が遅れるとパニック障害が重症化することがありますし、うつ病を併発してしまう場合も少なくありません。

パニック障害セルフチェック

 パニック障害の自己診断をしてみませんか?(セルフチェック表は下のリンクからもダウンロードできます)

パニック障害セルフチェック表(PDF:7KB)

A.特にきっかけなく、次の症状のいくつかが急に出現することがありますか?

  1. 悸亢進、心臓がドキドキする、または心拍数が増加する
  2. 発汗
  3. 身震い、手足の震え
  4. 呼吸が速くなる、息苦しい
  5. 息がつまる
  6. 胸の痛みまたは不快感
  7. 吐き気、腹部のいやな感じ
  8. めまい、不安定感、頭が軽くなる、ボンヤリする
  9. 非現実感、自分が自分でない感じ
  10. 常軌を逸してしまう、狂ってしまうのではないかと恐れる
  11. 死ぬのではないかと恐れる
  12. 知覚異常(しびれ感、うずき感)
  13. 寒気またはほてり

B.上記Aの症状の4つ以上に心当たりがある方は、次の項目が当てはまるかどうかもチェックしてください。

  1. 1.上記Aの症状のいくつかが、ほぼ同時に現れる現象(パニック発作)が繰り返し生じている
  2. 2.「またパニック発作が起きるのではないか?」という心配(予期不安)がある
  3. 3.パニック発作を経験してから、外出や乗り物に乗ることなどが苦手になった(広場恐怖)

 上記のAの13項目のうち4項目以上が当てはまり、さらにBにも当てはまる項目がある場合には、パニック障害の可能性が考えられます。

自己診断でパニック障害の可能性があるとお感じになった場合

 自己診断でパニック障害の可能性があるとお感じになった場合には、次のような対応を考えてみるとよいでしょう。

  • お近くの精神科のある病院や精神科クリニックを受診して相談する。
  • お住まいのある地域を担当している保健所や精神保険福祉センターに連絡をとり、精神保健相談の予約を入れて相談する(無料で相談できます)。
  • 当院へのご来院が可能な場合には、当院の精神科外来を受診なさってください。
    当院は完全予約制となっておりますので、予約センターで予約受付をしますので下記にご連絡下さい。
  • また、当院ではうつ病を初めとする各種精神障害の新しい治療薬の治験も行っています。
    関心をお持ちの方は、当院の治療専門外来にお問い合わせ下さい。

予約センター連絡方法

 予約センターは土日、祝祭日を除く平日の午前9時〜午後3時までの間、お電話にてご予約を承っております。

予約センター電話番号:042-346-2190

[ TOPへ戻る ]