ホーム診療科・部門神経内科 > 概要

神経内科 概要

 神経内科とは、脳、脊髄、末梢神経、筋肉のどこかに異常が起こるすべての病気を対象とする診療科です。主な対象となる病気は、パーキンソン病などの大脳基底核疾患、脊髄小脳変性症などの小脳性疾患、多発性硬化症などの免疫性脱髄性疾患、筋炎や筋ジストロフィーなどの筋肉疾患の他、アルツハイマー病などの認知症性疾患、脳梗塞などの脳血管障害、ミエロパチーなどの脊髄性疾患、ヘルペス脳炎などの中枢神経系の感染性疾患、ギラン・バレー症候群などの末梢神経疾患、重症筋無力症のような神経・筋接合部障害などになります。

 神経内科の病気で現れる症状は頭痛、感覚異常、振戦(ふるえ)、筋力低下、言語障害、歩行障害、筋萎縮、意識障害など様々です。これらの症状について、やさしい言葉で示したのがセルフチェック表です。それを見ながら、まずは『自己診断』して見ませんか?

 なお、神経内科と間違われ易い診療科があります。例えば精神科や神経科はこころの病を主な対象とします。脳神経外科は外傷やクモ膜下出血など外科的治療が必要な病気が対象です。そして、心療内科はこころの病が身体の症状として現われている疾患が主な対象です。

 当院神経内科では、すべての神経内科疾患を対象としていますが、中でも神経難病といわれる神経変性疾患(パーキンソン病、進行性核上性麻痺などのパーキンソン症候群、ハンチントン病、脊髄小脳変性症、筋萎縮性側索硬化症など)、多発性硬化症、筋炎・筋ジストロフィー、ジストニアなどを主な対象としています。

 神経難病のそれぞれについて詳しく知りたい方は、このホームページの中のそれぞれの項目(臨床研究グループ)に該当するページをご覧になるか、あるいは難病情報センタ-ホームページの中で該当する病名をご覧下さい。

主な疾患別内訳(平成26年)

病名新規外来患者数
パーキンソン病(レビー小体病含む)339 (18.6%)
その他のパーキンソン症候群157 (8.6%)
ジストニア等の不随意運動症186 (10.2%)
脊髄小脳変性症73 (4.0%)
運動ニューロン疾患46 (2.5%)
多発性硬化症(視神経脊髄炎含む)147 (8.0%)
筋疾患190 (10.4%)
末梢神経障害93 (5.1%)
認知症45 (2.5%)
その他551 (30.1%)
1827 (100%)
病名入院患者数
パーキンソン病(レビー小体病含む)405 (22.0%)
その他のパーキンソン症候群181 (9.8%)
ジストニアなどの不随意運動症57 (3.1%)
脊髄小脳変性症72 (3.9%)
運動ニューロン疾患65 (3.5%)
多発性硬化症(視神経脊髄炎含む)316 (17.1%)
筋疾患275 (14.9%)
末梢神経障害115 (6.2%)
その他375 (19.5%)
1843 (100%)

[ TOPへ戻る ]