ホーム診療科・部門神経内科 > 入院診療

神経内科 入院診療

 外来担当医が入院の必要があると判断し、患者さまが同意された場合に入院になります。入院中は病棟担当医を中心に、外来担当医や各疾患の専門医が診療にあたります。当院では多くの専門医が治療方針を相談しながら診療にあたりますのでご安心下さい。なお、入院中は慣れない共同生活でご不便があるかとは思いますが、「病棟の決まり」を守って下さいますようお願いします。

病気のご説明など

 診断のための検査の選択や治療方針などについては、その都度ご説明いたします。治療法にいくつかの方法がある場合などには、治療方針の決定に患者さんご自身にも加わっていただきます。分からない事がある場合には、遠慮なく病棟担当医にご質問ください。

ご協力のお願い

 当院は、ナショナルセンターの病院として、日本全体の医療に大きく貢献する使命を負っています。そこで、例えば『新薬の開発のための治験』、『すでに市販されている薬の適応拡大のための治験』、『遺伝病解明のための遺伝子解析』、『未解明の病気の研究のための遺伝子バンクの構築』など、様々な新しい試みに対してのご協力をお願いすることがあると思います。まず、説明だけでも聞いていただき、可能であればご協力いただければ幸いです。説明を受けた結果として、これらに参加下さらなくても何の不利益もありませんので、ご心配いりません。

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]