ホームレジデント・臨床研修研修プログラム・神経内科コース > レジデント卒業生からのメッセージ 院外で活躍中の卒業生

レジデント卒業生からのメッセージ 院外で活躍中の卒業生

佐藤宏匡 (在籍期間  2011年4月~2012年3月)

略 歴

2012年4月1日~ 相澤病院 神経内科

現在の役職

相澤病院神経内科 医師

メッセージ

医師5年目からNCNPで1年間研修を行い,現在は長野県の相澤病院で急性期疾患の診療に携わっています.NCNPでは変性疾患,多発性硬化症,筋疾患などを中心に多くの稀少疾患を経験させて頂きました.時間をかけて問診し,診察することで,病態を推察し,考察する訓練が出来たと思います.わずか1年間の研修でしたが,私にとって,とても大切な1年になりました.これから研修される先生方にも頑張って頂きたいと思います.

池田謙輔 (在籍期間 2009年4月〜2012年3月)

略 歴

2012年4月1日〜2013年3月31日
杏林大学病院 神経内科
2013年4月1日〜
東北大学病院 神経内科(予定)

現在の役職

杏林大学病院 医員

メッセージ

NCNPで神経内科医としての一歩を踏み出し,現在は杏林大学病院で脳卒中を中心とした診療に携わっています.NCNPでは変性疾患を診断から進行期まで診ることで,各疾患に対する理解が深まったと感じております.また,筋生検の機会を多く与えて頂き,病理カンファレンスなどで研究所の先生方と交流する機会を得られたことは非常に貴重な経験となりました.ぜひ,初期研修を終えた直後の先生方にもNCNPで研鑽を積んで頂きたいです.

村田 佳子 (在籍期間 2008年4月~2010年3月)

略 歴

2010年4月~
国立精神・神経センター病院精神科
てんかんコースレジデント

現在の役職

国立精神・神経医療研究センター病院精神科てんかんコースレジデント

メッセージ

パーキンソン病,多発性硬化症を中心に様々な神経疾患の診療に従事させていただきました.当院には神経内科に加え,神経病理,リハビリテーション科,神経放射線科,精神科,小児神経科,脳神経外科など脳神経に関わる各科が集まり,多方面からのアプローチに触れることができます.当院での研修で神経内科を目指す先生方には,広い視野を持ちながら神経疾患に対し深い経験を積んでいただけると思います.

千原典夫 (在籍期間 2008年4月~2009年3月)

略 歴

2009年4月1日~
国立精神神経医療研究センター神経研究所
免疫研究部 研究員
2011年10月1日~
神戸大学医学部附属病院 神経内科

現在の役職

神戸大学医学部附属病院 医員

メッセージ

医師5年目からNCNPで1年間研修を行い,その後神経研究所で研究に従事,現在は神戸大学で臨床と研究を行っています.NCNPのレジデントとして多岐にわたる難病疾患を経験させて頂きました.1例1例を大切に,十分な問診,診察,評価を行うトレーニングを受けたことは,現在の診療や研究における考え方の支えになって いると思います.研修を通して神経内科診療の幅が広がると思いますのでこれから神経内科医を目指す皆様にお勧めです.

遠藤史人 (在籍期間 2006年4月~2009年3月)

略 歴

2009年4月~
東北大学大学院医学系研究科
(理化学研究所脳科学総合研究センター運動ニューロン変性研究チーム)

現在の役職

東北大学大学院医学系研究科医科学専攻博士課程4年

メッセージ

卒後3年目よりに3年間在籍し,神経内科診療のトレーニングを行い,一部の期間は脳神経外科,精神科でてんかん診療を学ばせて頂きました.また,筋病理や神経病理(中枢,末梢)を学ぶ機会を多く得ることができました.現在は大学院生として筋萎縮性側索硬化症をテーマに研究を行っておりますが,NCNPでの経験をもとに基礎と臨床をつなぐ研究を目指しています.これから神経内科を目指す方には,神経内科疾患を幅広く経験し,指導医の先生方より多くのことを学ぶことができる施設であると思います.

齊藤勇二 (在籍期間 2005年6月~2007年11月)

略 歴

2007年12月1日~2009年3月31日 総合病院国保旭中央病院 神経内科

現在の役職

国立精神・神経医療研究センター 神経研究所 疾病研究第4部
連携大学院:千葉大学大学院 医学薬学府 大学院生

メッセージ

旧制度の研修医2年の後,NCNPで2.5年間研修を行い,その後は急性期病院を経て,現在はセンターの神経研究所で基礎研究に従事しています.NCNPでは変性疾患,多発性硬化症,筋疾患を中心に,病歴聴取・診察,治療計画・評価など,神経内科診療の土台となる訓練ができました.独特な個性を有する多くの指導医の先生方が,夜遅くまであらゆる可能性を思案している姿をみられたのも貴重な経験でした.短期間でも十分成果があがると思いますので,誰のためでもない,自分自身のためにぜひどうぞ.

青木吉嗣 (在籍期間 2004年5月~2007年3月)

略 歴

2007年4月~2011年3月
国立精神・神経医療研究センター神経研究所
遺伝子疾患治療研究部 流動研究員
2011年3月
東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科修了
2011年4月~2012年6月
精神・神経科学振興財団博士研究員
2012年7月~
オックスフォード大学神経科学領域遺伝学部留学

現在の役職

上原記念生命科学財団リサーチフェロー

メッセージ

私は,神経内科レジデント研修中に,卓越した指導医の下で,非常に多くの遺伝性神経・筋疾患症例を経験し学びました.一方で,私は,遺伝性神経・筋疾患の多くが難治性であり,新規治療法の開発が喫緊の課題であると感じました.現在は,英国で筋疾患と運動ニューロン病を対象に,アンチセンス核酸を用いた治療法開発を行っています.レジデント時代に得た医学知識と臨床経験を最大限に活かす事を心掛けつつ,研究を続けています.

磯部建夫 (在籍期間 2003年4月~2004年3月)

略 歴

2005年4月~慈恵医大神経内科
2008年4月 愛の泉診療所(東村山市)を開業

現在の役職

愛の泉診療所 院長

メッセージ

卒業以来,ずっと大学に在籍していましたが,1年間だけNCNPでレジデントとして勉強させていただきましたので,私にとって非常に貴重な経験になりました.NCNPには神経疾患で長く通っている患者さんが多く,神経内科医として,患者さんの人生の一部となり,とともに歩んでいく医療を行っていると思いました.2008年に実家の診療所を継承開業することになり,現在はクリニックの外来のかたわら,昼休みには神経疾患の患者さんも含め,訪問診療を積極的に行っており,NCNPで学んだことを実践しています.

白藤俊彦 (在籍期間 2003年6月~2004年9月)

略 歴

2005年4月~2009年3月神戸大学医学研究科修了
2009年4月~2010年5月神戸大学バイオシグナル研究センター研究員
2010年6月~2012年3月神戸大学GCOE研究員
2012年4月~神戸大学バイオシグナル研究センター研究員

現在の役職

神戸大学バイオシグナル研究センター 研究員

メッセージ

医師になって3年目に1年3か月間研修し,その後は神戸大学で臨床・基礎研究を行っています.NCNPでは神経所見の取り方,病態の考え方をしっかりと教えていただきました.また,臨床研究,症例報告のやり方も教えていただき,神戸大学に戻ってから臨床研究で学位も取ることができました.NCNPには神経内科医の基礎を作るための非常に良い環境があると思います.

狩野 修  (在籍期間 2002年11月~2003年4月)

略 歴

2003年5月~2005年3月
東邦大学医学部大森病院神経内科
2005年4月~2006年3月
NTT東日本関東病院神経内科
2006年4月~2007年9月
東邦大学医学部大森病院神経内科
2007年10月~2011年3月
Methodist Neurological Institute, Weill Cornell Medical College ポスドクフェロー

現在の役職

東邦大学医学部大森病院神経内科 講師

メッセージ

NCNPには全国から多くの若い神経内科医が集まり,互いに切磋琢磨しています. 私は5年目に研修を行い周囲のレベルの高さにショックを受けましたが,ご指導いただいた先生方のお蔭で大変充実した日々を送ることができました. その当時の諸先生方には今でも感謝の気持ちでいっぱいです.NCNPで担当した患者がきっかけで,米国そして現在は母校で筋萎縮性側索硬化症の基礎と臨床研究を行っています.

中村治雅 (在籍期間 2002年4月~2005年3月)

略 歴

2005年4月~2008年3月
独立行政法人医薬品医療器総合機構(PMDA) 新薬審査第3部 審査専門員
2008年4月~2011年6月
国立精神・神経医療研究センター病院 神経内科医師
2011年7月~2012年7月
英国ニューカッスル大学(Institute of genetic Medicine)留学
2012年8月~
独立行政法人医薬品医療器総合機構 新薬審査第3部 審査役代理

現在の役職

独立行政法人医薬品医療器総合機構 新薬審査第3部 審査役代理

メッセージ

レジデント在籍中は,神経難病,希少疾患の診断からケアまで幅広く研修しました.その中で治療薬開発,臨床研究に興味をもち現在に至ります.現在PMDAで神経疾患全般,その中でも神経難病,希少疾患領域の医薬品承認審査,企業や研究者との治験相談,安全性評価を行っていますが,NCNPでの診療,研究の経験は大変役立っています.神経内科医を目指す方は,人生の一時期をNCNPで過ごすのは貴重な経験になると思います.

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]