ホーム診療科・部門神経内科 > 症状について

神経内科 症状について

神経内科・セルフチェック

 神経内科には色々な病気がありますが、中には自己診断ができ、早期発見につながるものがあります。そこで自己診断をしてみませんか?(セルフチェック表は下のリンクからもダウンロードできます)

神経内科セルフチェック表(PDF:23KB)

 次の項目のうち、当てはまる項目はいくつありますか?

  1. 気を失う
  2. けいれんする
  3. 物忘れがひどい
  4. ろれつがまわらない
  5. 声がうまく出ない
  6. ものが二重に見える
  7. まぶたが下がる
  8. 筋肉が硬くなる
  9. 筋肉がやせる
  10. 手足に力が入りにくい
  11. 字が下手になる
  12. 動作が遅い
  13. 手足が振るえる
  14. 手足が勝手に動く
  15. 身体や頚が片方に曲がる
  16. 走れない
  17. 足が突っ張って歩きにくい
  18. よたよたして歩きにくい
  19. 手足がしびれる
  20. 手足の感覚がない

 ここに挙げた20項目のうち、すべてが「なし」であれば、当面は大丈夫です。
 時々であっても「あり」に当てはまるものが1つ以上あった時は、神経内科専門医に相談しましょう。当院の神経内科では、ゆっくり時間をとってお話を聞き、診察をいたします。詳細は外来のご案内をご覧ください。
 そのために外来診療は予約制をとっておりますので、下記にお電話で予約をお取り下さい。

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]