ホーム診療科・部門小児神経診療部 > 指導室

小児神経診療部 指導室

 指導室には児童指導員と保育士がおり、児童福祉法に基づく重症心身障害児(者)病棟、筋ジストロフィー病棟の療育を担当しており、医療スタッフと協調・協力の下に入院児童(者)の日常生活指導や保育に携わっています。基本的には入院児童(者)の成長発達と、QOLの向上に向けて、取り組んでおります。

 重症心身障害児(者)病棟では午前中は集団療育、または児童(者)の身体的機能、年齢、能力を配慮しながらのグループ指導、保育や散歩、食事では口腔機能の改善を図りながらの摂取指導、さらには年間を通じて季節に応じた行事の計画運営などを行っております。また。地域との触れあいが出来るように小グループでの院外活動の援助も積極的に行い、入院児童(者)の保護者会(さつき会)と協力しながら児童(者)がより快適な生活が送れるようにつとめております。

 筋ジストロフィー病棟では、筋ジストロフィーの児童(者)の他にいろいろな神経、筋疾患で入院治療をうけている児童(者)も多く、病状を配慮して個別保育や個別指導を中心に活動を行っており、学齢児には学習援助や趣味活動の指導、個人外出の援助などを行っています。集団活動では季節に応じた行事を児童(者)の自主性を尊重して共同で計画運営を行っており、単調になりがちな生活に張りを持たせるようにしております。

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]