ホーム診療科・部門総合内科 > 消化器科

消化器科

診療案内

 消化器科は、胃腸の疾患とともに、肝・胆・膵疾患など、消化器全般の幅広い診療を行います。腹痛や下痢・便秘などの便通異常、肝障害を指摘された方などが対象となります。また、上部・下部消化管内視鏡検査、腹部超音波検査などもルーチン検査として施行しており、検診で異常を指摘された方の2次検査の役割も担っています。

 当科ではこのような一般的な消化器診療に加え、当センターの特徴であるストレスと関連する消化器疾患の診療に力を入れています。ストレスにより腹痛や便通異常が起こり、また消化管の炎症が悪化することはよく知られており、このような疾患として機能性消化管障害(機能性ディスペプシア、過敏性腸症候群など)と、炎症性腸疾患(潰瘍性大腸炎、クローン病)があります。当科ではこれらの疾患に専門性を持って取り組み、数多くの診療実績を有しています。

受診される方へ

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]