ホーム診療科・部門小児神経科 > 入院診療

小児神経科 入院診療

入院病棟

 小児神経科では、2南病棟では主として筋ジストロフィーをはじめとする筋疾患の診療、治験を、6病棟では重症心身障害児(者)の医療と療育、3南病棟ではてんかん、神経変性疾患、神経筋疾患など、種々の小児神経疾患の診断と治療を行っています。この他、患者さんの状態や病棟の状況により他の病棟での診療も行っています。

検査入院

 外来を受診された患者様のうち、更なる精密検査が必要と判断された場合には、検査入院をしていただく場合があります。入院の時期やスケジュールにつきましては当科より提示致しますが、遠方からお越しの方など患者様のご事情には十分配慮するよう心がけております。

スケジュールの一例

てんかんの検査入院

 検査内容にもよりますが、頭部MRI、発作時・非発作時脳血流SPECTや脳糖代謝PET、脳磁図(MEG)などの画像診断、誘発電位やビデオ脳波同時記録を行うためには、10日前後の入院期間が必要です。外来主治医と検査内容等について相談していただき、入院期日を調整することも可能です。

当科における検査入院の例

  入院 薬減量―――――――――――――――戻す 退院
12345678910
曜日
検査(1)(2)(3)(4)(5)  (6)(7)(8)
  回診        
  1. (1)発作間歇期脳波
  2. (2)頭部MRI
  3. (3)脳糖代謝PET
  4. (4)発作時脳波 長時間脳波ビデオモニタリング
  5. (5)脳誘発反応
  6. (6)発作時脳血流SPECT(発作間歇期SPECTも行い、SISCOMを行うにはさらに数日必要)
  7. (7)脳磁図(MEG)
  8. (8)神経心理検査

筋疾患の検査入院

筋生検を含む検査入院の一例

1日目 2日目 3日目 4日目 5日目 6日目 7日目
入院
診察
胸部レントゲン
筋MRI
採血
筋電図
筋CT
面談
(筋生検の具体的な説明、承諾書の作成)
回診(診察)
パッチテスト
(アレルギー反応のチェック)
麻酔科診察
出血時間
筋生検
筋生検後の面談
消毒
包帯交換
退院

定期的に全身状態の評価を行う検査入院である「筋ドック」の一例

1日目 2日目 3日目 4日目 5日目
入院
診察
呼吸機能検査
心電図
夜間呼吸モニタリング
採血
尿検査
リハビリ科診察
胸部・脊柱レントゲン
24時間心電図
整形外科診察
回診
理学療法(1)
循環器科診察、心エコー
嚥下造影
胸部CT
理学療法(2)
骨密度検査
検査結果説明

 ※遠方のかたでリハビリテーション科の診察や理学療法などを希望される場合には2週間程度の入院期間で対応いたします。

 ※ミトコンドリア病(疑い)の場合の検査入院も、筋疾患の検査入院の表の日程に準じますが、それ以外の検査(脳MRI,MRS, 末梢神経伝導検査、髄液検査、脳血流(SPECT)なども必要になってきますので2週間程度の入院期間が必要と考えていただく必要があります。

 ※入院費用など 保険診療以外の費用はほとんどないと考えてください。ミトコンドリア病の遺伝子診断に関しては高度先進医療を適用させていただいております。

 ※筋疾患・末梢神経疾患・ミトコンドリア病に関するお問い合わせは、予約センターで新患予約のうえ外来受診をしていただきたいと思いますが、特に遠方のかたの場合にはできる範囲でメールでもご質問をお答えいたします。

komakih@ncnp.go.jpまでご一報ください

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]