ホーム診療科・部門薬剤部 > 概要

薬剤部 概要

調剤業務

 調剤業務は薬剤部門の中で一番大きな部門で、患者さまに処方された処方箋を基に正確に調剤することはもちろんですが、当院は精神疾患と筋疾患、神経難病を対象とする特殊性から薬物療法への依存度も極めて高く、薬物投与設計も極めて複雑な処方内容が多くなっています。そのため薬を間違いなく飲むことが出来るように一回服用毎に一つの袋に入れて調剤(パック調剤)する特殊な調剤方法をとっています。

 薬は一つの薬にもたくさんの薬効と副作用を併せ持っており、又、一度の数種類の薬を服用すると思わぬ副作用が発現したりします。そのために当薬剤部では処方箋どおりに調剤するだけでなく、薬の相互作用、飲み方等で疑問がある場合には必ず医師に問い合わせを行い、薬学的知識を十分に生かした処方監査により薬が患者さんに適切に使われるよう細心の注意を払っています。薬剤窓口でも患者さまが薬について分からないことがある場合には服用方法、注意すべき保管方法について説明をしています。

 なお外来にかかられた患者さまについては院外処方箋を発行し、なるべくお住まいの近くのかかりつけの調剤薬局を持っていただけるようお勧めしています。

製剤業務

 製剤業務は外部からは目に触れない部門ですが大変重要な業務を担っています。
 繁用される処方をとして取り決めた院内約束処方の製剤、市販されていても規格あるいは剤型の異なる薬剤の作製、調剤作業の短縮化を計るための予製業務、軟膏剤の調製、消毒剤の希釈等を行なう一般製剤と医師が特殊な疾患、難治性疾患の患者さまを診療する場合に必要とする医薬品の調製を行う特殊製剤に分類されています。

 近年の急速な治療法の進歩とともに、この業務の需要はさらに高まりつつあり、薬剤部でも常にこの需要に対応し医療スッタフの一員として医療に貢献しています。

医薬品情報業務

 医薬品の数は年々増えつつあり、当センター病院でも多くの医薬品を使用しています。医薬品には必ず情報が付随しており、その情報量も膨大なものになっています。医薬品情報業務はこれら医薬品に関する情報資料の収集後に専門的評価をして整理、分類、保管を行い、これら蓄積された数々の情報を医療関係者に提供することにより、より安全性の確保につとめることが重要になっています。

 医薬品情報室は医薬品情報の提供だけでなく副作用情報の収集も行っています。 厚生労働省は副作用の情報を収集し、それを医療現場にフィードバックし、医薬品のより有効な使用に役立てるよう医薬品副作用モニター制度を運営しています。当センターもモニター施設の指定を受け医薬品情報室が窓口になり副作用の情報収集という重要な役割の一翼を担っています。

 医薬品情報室では今までに蓄積された医薬品情報を知って頂くために刊行物を発行し院内全域に配布しています。また、製薬会社、厚生労働省等から得られる緊急を要する情報については「緊急安全情報」として配布し院内全域に周知徹底を図っています。

薬剤管理指導業務

 薬剤師が処方箋に基づき調整されたお薬について、インフォームドコンセントの一環として、患者様に薬の効きめ副作用、薬物間や食べ物との相互作用、飲み方、使い方、保管方法等の説明を行う服薬指導の充実強化に努めています。

治験業務

 薬が新しく発売されるまでには、動物や健康な人で試験をした後、実際どれくらいの効果があるのか等を患者さまの同意を頂いて調べることを治験と言います。当センターでも薬の開発に協力しています、この分野においても薬剤師がコーディネーターとして治験の調整役を行っています、当センターには治験管理室がありそこに薬剤師が常駐しています。

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]