ホーム > 病院からのお知らせ

園芸ボランティアの活動を紹介します!!

 当センター病院におけるボランティア活動としては、9月29日の新病院開院時から「むさしの会(会長:本城和夫様)」のみなさんによる外来ホール内での案内活動をいただき、外来患者の皆様及び職員より好評をいただいているところです。

 今般、新たにセンター病院内の園芸関係をしていただくボランティアを募集しましたところ、所沢市にある「国立病院機構西埼玉中央病院ボランティア『カルガモ会(会長黒澤秀次様、多田俊幸様)』」の皆さんが今後の園芸活動にご協力いただけることとなり、去る12月15日(水)に正門ゲート側の未整備であった花壇に330本のパンジーを寄付いただき、午前10時から午後4時までその植え付けをしていただきました。

 その植え付け時には外来患者さん等が何人もその作業をご覧になっていましたが、その中のある子供さんからパンジーを植えたいという申し出があり、黄色のパンジーを1本植えてもらったところ、今後病院に診察に来る度にその花を見に来ますと喜んで帰って行ったという一幕もありました。カルガモ会の皆さんもその子供さんとの出来事が印象深く残ったとうれしく話されていました。

 また、カルガモ会の多田様からは観葉植物14点のご寄付をいただき外来ホール内に配置させていただき、先般、決定したばかりのセンター新病院の標語「緑の風薫る病院-高度な医療をやさしく提供します-」にあるよう、外来ホール内にも早速「みどりの風薫る」が提供されたこととなりました。

 当センター病院を利用いただいている患者様及び職員各位におかれましては、今回紹介しました「花壇のパンジー」「外来ホールの観葉植物」について、機会がありましたらご覧いただきますようお願いいたします。

 なお、ボランティアというわけではありませんが、クリスマス時期に合わせて、正面ゲート前のクリスマス電飾は当センター関係工事を請け負っていただいている(株)フジタの所長さんから、また、外来ホール内のクリスマスツリー等はタリーズコーヒーさんからの提供ということも併せてご紹介させていただきます。

 最後に、「むさしの会」「カルガモ会」「(株)フジタ所長さん」「タリーズコーヒー」の皆様の活動及び提供等に改めて感謝申し上げます。

総務課

[ 前へ戻る ][ TOPへ戻る ]