TOP研究部紹介臨床脳画像研究部 > 臨床脳画像診断研究室

臨床脳画像診断研究室

 PETやMRIなどの脳病態画像情報を統一的に集約するシステムを構築し、わが国における精神・神経疾患の画像を用いた多施設共同研究や治験などの臨床 研究実施拠点となる体制を整えます。また同時に新しい画像解析法を応用し、かつ收集した画像を管理・公開して、広く国内外の臨床教育や研究にも貢献することを目指します。

室長プロフィール

今林悦子
Etsuko Imabayashi M.D., Ph.D.
 平成5年(1993年)横浜市立大学医学部卒、研修ローテート後、平成7年(1995年)横浜市立大学医学部放射線医学講座入局。平成16年(2004 年)横浜市立大学大学院博士課程修了。済生会横浜市南部病院放射線科医長、埼玉医科大学国際医療センター核医学診療科講師、東京都健康長寿医療センター放射線診断科医長を経て、平成25年(2013年)9月よりIBIC現職に就任。

研究室紹介

 多施設共同の画像研究として、Japanese Alzheimer’s Disease Neuroimaging Initiative (J-ADNI)のMRIコアとして中心的な役割を果たすとともに、PETコアメンバーとしても活動しています。さらに、Good Manufacturing Practice (GMP)化を行ったホットラボ施設にて、PETトレーサの臨床治験を行います。また、他研究機関とのMRIを中心とした臨床研究を行っています。